2013年1月3日木曜日

花まんま/朱川 湊人・著

 ほとんどの本は家近くの地区センターで調達している。ランダムに選んだ本を読み感想をこの部ログに書いているわけだ。そしてたまにとんでもなくお気に入りの作家を発見することがある。
本日がまさにそれだ。全くの私好みの作風を描く作家に出会えた。
 幼い妹フミ子が熱を出し、完治した後、まるで別人に変わってしまった。彼女が言うには、自分は岐阜・彦根にすんでいて、エレベーターガールをしていたが、狂人に突然襲われ、この世を去った、喜代美だと言い出す。初めは言うことを信じなかったが、ある日、フミ子がどうしても彦根に行く、と言い出す。困った兄の俺は、しかたなく、フミ子のお供をし、生前の住処である家にたどり着く。そこには、娘の死を乗り越えられずにやせ細った喜代美の父の姿があった。しかし、フミ子にその父との対面を絶対に許さなかった俺の意見を受け入れる代わりに、フミ子から使者の役割を頼まれた俺は、その父と対面し、フミ子が作った「花まんま」-花で作ったおままごとのお弁当-を手渡す。それを受け取った父は、亡くなった喜代美からのメッセージと受け取り、残りの余生をしっかり過ごす事を受け入れる。
 昭和3,40年代の大阪を中心としたホラーともとれる不思議な話が展開される作風。しかし、怖さよりもその登場人物をに描写の中心がいき、心が温かくなる作風となっているところが、好きだ。
私の一押し作家の一人としたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿